なぜスマートフォンなのか?

1)最近、スマートフォンの普及が、凄まじいこと。

 

格安スマホが、多くの企業から発売され特に、30~50代の年齢層が購入してる。

 

10~20代は、既に85%の人が持っている。

 

2)最近の調査では、PCとスマホによる検索では、後者のほうが優勢で、

  今後の傾向はスマホ検索が主流になること。


3)スマホは電話機の延長線上にあり、顧客からのレスポンスが非常に良い。

 

4)アンドロイド端末であれば、スマホPPCに有効な機能が充実してること。

 

例えば、サイトからTELしてくれば、全てカウントされ、コンバージョン測定が可能。

何曜日の、何時に、どれくらいのアクセスが、あったのかが全て測定できる。

(これは、スマホだけができる画期的なこと)

 

5)LINEから、小ビジネス(店舗)向きの LINE@(ラインアット)が実装されたこと。

 

今までは費用の高さから、大手企業だけしか加入できなかった(800万)が、

月々5000円、また無料バージョンまででき、加入が非常に楽になった。

 

6)LPOやEFO対策のされた、スマホサイトが極めて少ないこと。


多くの店舗のサイトがLPO対策を取られていないため、競争に勝ちやすい。

 

昨今の技術革新の速さには目を見張るものがあるが、

少なくとも、スマートフォンなど携帯端末は、世界的に普及が進むし、

それを使った様々な広告媒体には限りがある。

 

好むと好まないに関わらず、いち早く参入すれば先行者利益は必ず得られます。

 

特に(5)のLINE@(ラインアット)は、スマホとの相性が、ばつぐんに良いです。

サイトを作り、PPC広告をうち、LINE@に加入して効率的に運用すれば、

必ず、効果は現れます。

 

 

                   ←戻る            次へ⇒

 

 

マーケティング戦略

内容が一番大切です

・成功要因を見つける

・3C分析、SWOT分析

 

マーケティング

・USPが非常に重要 

・利益=で考える

・顧客とは?

・商品を売るな!

・オーナーの誤り

・保証をつける

 

プロフィール

兵庫県尼崎市で生まれ育つ。

 

大阪府吹田市の関大付属中学校入学

付属高校から関大工学部入学

電子工学科専攻したも中退

 

岡山の菓子メーカーに入社

3年後退社し、花屋を開業

・大阪の道頓堀店を開店

・尼崎の「つかしん」店開店

・尼崎の富松店を開業 数年後閉店

・尼崎の大物店を開業 7年後閉店

・道頓堀店閉店

・奈良県天理のスーパーに開店

・生駒市のスーパーに移転開店

・ホテルに開業 生駒店閉店

・つかしん店閉店

・ホテル閉店し廃業

あんくる日記

花屋を廃業してからの日記

 

ヤケクソな時代の恥ずかしい日記です。

 

興味ある方はコチラから

アメブロ

 

 

お問い合わせ