マーケティングの基本は

 

1)誰に(ターゲット)

2)何を(商品、サービスの持つイメージ)

3)どのようにして?(広告媒体)

 

せっかく作った、サイトも見てくれる人が少ないと効果がありません。

そこで、3)どのようにして?が重要になってきます。

 

では効率的なスマホ広告とは?

 

それは、PPC広告(リスティング広告)です

 

スマホで何かキーワードを入れて検索してみてください

 

最初に出てくる、2つの広告は全てPPC広告です

上部に2つ下部に3っつ出てきますが、必ず上位2つに入ること(プレミアムポジション)

 

PPC広告とは、ペイパークリック広告のことで、検索で現れたサイトをタップしたとき、

はじめて課金(広告主に)される広告のことです

グーグルのアドワーズ広告もこれと同じです

 

PCと比べてスマホサイトは参入が少なく、値段も安くなってます

何よりもまだまだスマホサイトを持ってない店舗が多く、LPO対策などされていません

 

まず、あなたのお店を知ってもらい、魅力的な商品、サービスを打ち出していれば、

地域で他の店舗より優位に立てる確率はとても高いのです

 

そしてLine@で次々とサービス、イベント、を告知すれば益々来店頻度もあがります

この広告は費用対効果が直ぐに分かるので、無駄な費用は削減できますし、

どのキーワードで、いつの時間帯で、電話がかかってきたか、一目瞭然なのです

 

スマホ広告では、2行40文字程度しか文章は入れられません そこで・・・

 

 1)キーワードは必ず左詰めで入れ、お客様のメリットを書く事

  (限られた文字数ですから、お客様にお得な情報を書く)

 

 2)次にお店の特徴、またはオファーを具体的な数字を入れて書く事

  (店のイメージとか、ロゴとか、あいまいな文章はNG)

 

そして、検索からあなたのサイトに来られたお客様に電話していただくことが狙いです

私とパートナー企業が責任を持ってお手伝いいたします

 

私たちはあなたのビジネスの効率良い運営をお手伝いし、健全な経営ができることを

心より願っています また、

更なる高みを目指してお互いにスキルUPし、同時に人間性をも高めましょう

 

                          ←戻る

 

マーケティング戦略

内容が一番大切です

・成功要因を見つける

・3C分析、SWOT分析

 

マーケティング

・USPが非常に重要 

・利益=で考える

・顧客とは?

・商品を売るな!

・オーナーの誤り

・保証をつける

 

プロフィール

兵庫県尼崎市で生まれ育つ。

 

大阪府吹田市の関大付属中学校入学

付属高校から関大工学部入学

電子工学科専攻したも中退

 

岡山の菓子メーカーに入社

3年後退社し、花屋を開業

・大阪の道頓堀店を開店

・尼崎の「つかしん」店開店

・尼崎の富松店を開業 数年後閉店

・尼崎の大物店を開業 7年後閉店

・道頓堀店閉店

・奈良県天理のスーパーに開店

・生駒市のスーパーに移転開店

・ホテルに開業 生駒店閉店

・つかしん店閉店

・ホテル閉店し廃業

あんくる日記

花屋を廃業してからの日記

 

ヤケクソな時代の恥ずかしい日記です。

 

興味ある方はコチラから

アメブロ

 

 

お問い合わせ